家賃滞納への対策方法|アパートの一棟買いもできる|不動産投資を行なう際に知っておく

アパートの一棟買いもできる|不動産投資を行なう際に知っておく

粘土のマンション

家賃滞納への対策方法

お金を持つ人

連帯保証人を立てることが必要だった賃貸契約ですが、様々な理由で連帯保証人を立てることが難しい時代となっています。物件オーナーとしては、空き部屋をなくし利用者を募りたいところですが、連帯保証人がいなければ契約を行なうことができませんでした。そんな借主や貸主のために、家賃保証会社があります。家賃保証会社は、連帯保証人の代わりを担う役割も果たしますので、連帯保証人を立てられない場合非常にありがたい存在だといえるでしょう。家賃保証とは、賃貸契約者が何らかの理由で月々の家賃を支払えない、滞納した場合に家賃の支払いをオーナーに保証するというものです。連帯保証人と同じ役割をするので、今まで賃貸契約を行なうことができなかった人でも契約を行なうことができます。また、物件を運用するオーナーにとっても、家賃保証会社の介入で家賃を滞納された場合でもしっかりと家賃を支払ってもらうことができるので、今まで苦労して回収していた手間が省けます。家賃保証会社を利用するには、賃貸契約を行なう利用者が保証料を支払うことで可能となります。親族などに連帯保証人を依頼することが難しい場合や、一人暮らしの高齢者などでも家賃保証会社の審査を通れば利用することができます。家賃保証会社の審査として、過去に家賃を滞納していた経歴はないか、またクレジットカードを作ることができる程の信用はあるかなどがあります。それらをクリアすることで、家賃保証会社と契約を結ぶことができます。オーナー側は、もし家賃滞納があった場合、この家賃保証会社が立て替え支払いを行なうので自ら回収に向かう必要はありません。