家賃滞納への対策|アパートの一棟買いもできる|不動産投資を行なう際に知っておく

アパートの一棟買いもできる|不動産投資を行なう際に知っておく

粘土のマンション

家賃滞納への対策

婦人

不動産投資を行なう上できちんと対策を行なう必要があることの1つとして、賃貸契約者の家賃滞納です。家賃滞納の対策として、家賃保証がありますがこの家賃保証には大きく分けて二種類の保証があります。まずは借り上げ型です。不動産会社が賃借人となり物件を借り上げ、それを一般の入居希望者に又貸しする方法です。借り上げ型の場合、不動産会社が期間中は継続して賃料をオーナーに払います。家賃債務保証により、入居者が家賃を滞納した場合でも不動産会社はオーナーに家賃を払う義務があります。借り上げ型による投資を行う場合、不動産会社が入居者の募集や賃貸契約などの業務を全て行なうので、オーナーは不動産会社に物件を貸すだけで利益を得ることができます。手間はかかりませんが、不動産会社も利益の出る金額でオーナーから物件を刈り上げるので、その分の投資利回りは下がると考えましょう。借り上げ型での家賃債務保証は不動産会社側にあるので、家賃滞納においての回収漏れの心配はありません。次に、保証委託契約型があります。オーナーの賃料債権を家賃債務保証会社に委託することで保証してもらえる契約システムです。家賃債務保証を行なう会社は、賃貸契約を行なう入居者と、オーナーとで別々に契約を行なうことで、仮に入居者が家賃を滞納した場合は入居者に代わり立て替え払いを行ないます。家賃保証会社を通すことで、直接家賃を回収する手間も省くことができます。家賃債務保証には様々な方法があるので、しっかりと内容を確認し契約をしましょう。