アパートの一棟買いもできる|不動産投資を行なう際に知っておく

背広の人

アパート投資をするなら

家賃滞納への対策

婦人

入居者の家賃滞納の回収漏れを防ぐためにも、家賃債務保証はしっかりと確認しましょう。家賃保証には二つの方法があり、不動産会社に物件を借り上げてもらう方法と、家賃保証会社に委託する方法があります。

Read More

少ない資金で不動産投資

紙幣と積み木

少ない投資額から手軽に不動産投資が始められるということで、人気を集めているのがみんなで大家さんです。運用期間は3年以内と短期運用で、契約期間内は安定した収入を得ることができます。

Read More

アパート

不動産投資の1つとして、アパートの一棟買いがあります。一棟買いとは、アパート一棟そのものを購入するものです。アパートの一棟買いは、入居者の条件などを自分で決めることができます。さらに、リフォームを行なう際も自由に行なうことができるので、自分の理想のアパートを運営することができます。初期資産が多い人に向いている不動産投資といえるでしょう。アパートの一棟買いは、基本土地付きになります。建物だけではなく、土地も一緒に購入することになります。土地付きアパートの一棟買いは金融機関のローンを組む時に評価額も高くなるので、ローンを組む場合でも有利になります。また、一棟買いした時に一緒に購入した土地は個人の資産になるので、アパートが劣化した場合の建て替えや、土地と一緒に売却することもできます。アパートの一棟買いは収益性が高く、修繕時にかかる費用など、管理会社と相談することで決めることができます。さらに、ローン返済も自己負担の少ないプランを組み立てることもできます。一棟まるごとを運営することになるので、もしも一部の部屋が空き部屋になったとしても、全ての部屋が空き部屋になることはまずないので、安定した収入が期待できます。また、利用者が長期的に部屋を利用する場合は、その分の家賃収入が長期的にあると考えることもできます。不動産投資を行なう時は、一棟買いか区分所有のどちらかになりますが、初期資金や先を見越して選択するといいでしょう。

家賃滞納への対策方法

お金を持つ人

賃貸契約に必要な連帯保証人を立てることが難しい時は家賃保証会社があります。契約者が家賃を滞納した場合などは、保証会社が契約者に代わって家賃を立て替え支払いをします。オーナーも家賃滞納の回収を行なう手間が省けます。

Read More